白銀林道と南郷山・城山

 今日の予定は、箱根の白銀林道まで自走。更に周辺にある南郷山・幕山・城山にも足を伸ばそう。でも孫のアッシー君があるので早く帰らなければ・・・。湯河原で輪行することにしました。

国道1号線をひたすら湯本を目指します。小田原まで45キロ。はやり結構遠いですねぇ。6時前に家を出て、正月の箱根駅伝で定点カメラが映し出すコーナーに着いたのが8時半。予定のコースの既に半分を消化した訳です。

湯本から畑宿へ行く道、つまり箱根旧街道。閉館したホテルが寂れた姿をさらしていました。
白銀林道はこの旧街道の途中を左折して猛烈な急坂の中、箱根新道の下をくぐり小田原湯本CC方面に進んでいくのです。ここはいつも押しの一手。大人のかしこい選択なのです。

白銀林道は全長27キロに及ぶ、ダートもあってなかなか侮りがたい径なのです。それに海も見えるし、通行止めなので車も来ない。林道のすばらしさを満喫できるのでは?と勝手に思っているんです。今まで三度走っていますが、そのたびにバリエーションを付けて様々なコースが考えられる、自分にとって指何本に入る径なのです。
01

02

03


林道入り口まででバテバテになってしまったにもかかわらず、上りはまだまだ続きますが、何とか全部乗っていけました。標高400メートル辺りを上ったり下ったりを繰り返しながら、時々左手に拡がる海を視界の端っこに入れながら淡々と進むのです。ダートの上りでは28×25Tじゃ辛いなぁ、なんて独り言が出ます。

小田原城CCとの分岐辺りは、海が広々と見渡せて、つい止まって自転車を杭に立てかけて写真を撮ってしまうのです。以前も書きましたが、本当に品の良いダートなのです。
04

深い谷を回り込んで、ダートだった径が急に舗装になったところが星ケ山公園。展望台からは丹沢の嶺々、真鶴半島が一望です。前回来た時はここでお昼だったのですが、今日は1時間以上早く出たので、もう少し先まで南郷山の頂上でお昼にします。
05





登山口に自転車をデポ。食料と水、そして燃料等を携えて頂上まで歩きます。ぬかるんでいるところもあって歩きにくいのですが、やはり歩きもいい。頂上には二組のハイカーの方達が、お昼していました。
本当に気持ちがいい。風もあまりないし横になると眠ってしまいそうです。
06

07

幕山は途中まで上ったところで、予定していた径が見つからず引き返しました。地図にはあったんだけどなぁ。

白銀林道から外れたり戻ったりしながら27キロを走りきりました。ゲートを越えるとししどの窟への分岐があります。最後のダートは辛かった。


椿ラインとの合流箇所に城山への径がありました。1500メートル。
08


石畳の道をゆっくり押していきます。乗っていけるのですが、ここは慌てず騒がず・・・です。
09


城山の頂上には誰もいません。土肥城址の大きな碑がありました。通って来た星が山公園も見えます。あいにく暖かかったせいか、なんとなくぼんやりした景色だったのですが、はやり広々とした景色は気持ちがいい。
10


11

さぁ、後は湯河原までブレーキを握る手が麻痺してしまうような急坂を一気に下るだけです。
湯河原駅前の桜はもう満開に見えます。
12


ちなみにコースです。