早戸川林道

先週も行ったので、今日はいつもの宮が瀬に行きましょう。

宮が瀬湖の周辺には、行き止まりの道が多くあって、いつかは、と思いながらもついつい先延ばしになっていた処をやってみようと思い立ったのでした。

早戸川林道。

宮が瀬湖から道志に向かう途中、ちょっと曲がって向かった先にあります。周辺には奥野林道や伊勢沢林道などの行き止まり林道があり、いったいどうなっているかも興味がありました。


いつもの道を通って宮が瀬湖へ。ほぼ2時間の行程。
やはり雨が降らないせいでしょうか。かなリ水が少なくなっていて、湖が出来る前にあった県道が湖底から現れていました。
01

本当に水が少なくなっていますねぇ。
02


湖畔の気温は、11時過ぎでも25度。やはり今日は涼しいです。
03


湖畔の広場で昼食を摂り、いざ今日のメインにまいりましょう。

虹の大橋を過ぎて御屋敷方面に向かいます。
するとこんな標識が・・・。
奥野林道。
04


奥野林道をそのまま進んでいくと、こんな立派なゲートhがありました。
左側が奥野林道、右側がここから始まる伊勢沢林道です。
ゲートを突破して先に進もうと思ったのですが、時間的に余裕がないようなので、ここで引き返し、今日もメイン早戸川林道に向かいます。
05

06


早戸川林道の終点からは早戸大滝という丹沢きっての滝へ続く登山道があって、たぶんそこまで行けるだろうな、と思っていました。

早戸川の立派なます釣り場を過ぎて舗装の緩やかな道をルンルンで上っていきます。フロントセンターで十分な勾配。左を流れていた川がいつの間にか右に替わり、それが再び左に替わってくる頃から徐々に山深くになって来ました。

そして最後の橋を渡るとそこからは地道。
というかあっという間に山道風に替わります。
この大きな石はいつからあるのでしょうか。
07


ここは随分状態の良いところ。
押したり乗ったりの道です。
08


落石で完全に道は途絶え、登山者が歩く部分だけが踏み固められていました。
09


しばらく行くと、終点の早戸大滝登山口に着きました。
休んでいると、上から二人の登山者が降りてきました。膝辺りまでずぶ濡れ。たぶん渡渉が多かったのでしょうね。
10

11


早戸川の河原では沢山の人がバーベキューをやったり川遊びをしたり、釣りをしていました。まだ夏休みだったんですねぇ。
12


さっき通った虹の大橋が見えます。
13


宮が瀬湖畔に戻り、一休みして、自宅まで一直線で戻ります。
100キロを超えました。やっぱり疲れるなぁ。
さすがに宮が瀬湖までの道は飽きましたねぇ。
ちなみに今日のコースです。