久しぶりに

 今回は、久しぶりに自転車の話。私の自転車好きも、かれこれ30数年が経ちました。大学に入って偶然目にした「この轍を全国に!」という、今でもはっきりと覚えているポスターのフレーズに魅せられたのでした。
 それまでも高校の頃、同級生がはまっていて、当時7万円もするオ-ダー自転車に乗っていました。それに感化されたか、ブリジストンの3万くらいのダイヤモンドと言う自転車を買った記憶があります。10段変速で、結構かっこよかったものでした。でもそれに乗って何十キロも走ることなんて考えてもいなかったんです。

 入会(当時はまだ同好会でした)して最初に行った所が丹沢のヤビツ峠。先輩の自転車を借りたのですが、その自転車の軽かったこと!今まで乗っていたものと比べ、その軽さは驚きでした。それにスタンドも付いていなかったんです。それに乗って上大岡から橋本、そして宮が瀬(まだ宮が瀬ダムもありませんでした)を経由してヤビツ峠まで標高差800mをはじめて上りました。途中からは辛くて辛くて、とぼとぼと押して行ったことが昨日のことのようです。
 それからの大学生活は自転車一色。かばんの中には教科書は忘れても、五万分の一の地図は絶対忘れないアイテムになり、暇さえあれば、休みに行くところを地図から物色していました。中央線、信越線、上越線、磐越西線などの夜行列車は、その時刻表を諳んじられるほどになりました。結局4年間で、中国四国地方以外の全ての地域にその轍を残しました。

 そんな学生生活も終わり、結婚する頃から足は遠のき、30年以上が経過した平成18年。毎日の日課だった犬の散歩がなくなってしまいました。そこで以前の自転車のことがふと頭をよぎりました。そうだ!健康にもいいし何しろ好きなんだから。ということで、朝6時過ぎから10キロを目安に走り始めました。それが自分の中に眠っていた何かに火をつけました。

 昨年の9月から毎月100km程度、アップダウンのあるコースのツーリングを続け、ついに今月、生まれてはじめてのオーダーという大それたことをやってしまいました。ショップの親父さんとああでもないこうでもない、と言ったほんとに楽しいひと時を過ごし、ついに先日正式に発注しました。皆さんでは思いもしないような金額で・・・・。
 年取ってからの道楽は「ハマル」とよく言いますが、ほんとですね。今では、夜のネットサーフィンは自転車関連ばかりになってしまいました。