FC2ブログ

ブログを一本化します

今までこのブログを見ていただいたごく少数の方にお知らせです。

今般、私のお遊びのブログであったこの「自転車のある生活」を、仕事のブログである「Yajirobeのつぶやき」に統合することにいたしました。

従いまして、平成31年2月からは、「Yajirobeのつぶやき」をご覧頂きたくご連絡差し上げる次第です。


仕事のブログには私が30年以上、身体の調整を仕事としているため、身体の違和感に対する対処法もわずかですが掲載しており、自転車に乗る方にも参考になることもあるかも知れません。

暇がありましたら、お立ち寄り下さい。
スポンサーサイト



何処にも行けない日が続いて・・・

10月半ばに義父が誤嚥性肺炎で入院し、今度は退院はおぼつかないだろう、という話になり、10月下旬から全く出かけられていません。

11月15日に義父は永眠し、その後の事務的なごたごたがまだ続いており、結局今年はあと一回出かけられればいいのでは?といった感じなのです。

自転車を再開して今年ほど走れていない年はありません。なんとやっと2500キロを超した程度です。もちろん山歩きに時間を割いてしまったこともあるんですが・・・。

実は来年はもっと山歩きをしようと思っていて、自転車の出番はかなり少なくなってしまうかも知れません。
果たしてどうなることか?????

Mac版カシミール???

いやぁ、知りませんでした。

いままでツーリングに出かけるときやGPSに地図やトラックを保存するときには、win版のカシミールというソフトを使っていました。Macにwin7を起動してつかっていましたが、Macにも同等のソフトがあるんですね。今まで考えもしなかったのですが、これは使えます!

TrailNoteというソフト。
まだ理解が出来ていない部分が多いのですが、地図の出力も簡単。プロフィールマップも簡単にできます。ルートも上り下りの部分が分かるようになっていて、なかなかのものです。

01

さらに山に入ったときにスマホに入れるいろんなソフトがあるんですね。GPS機能も使えたりして・・・。今度のツーリングにはこれらを使ってみることにしましょう。

奥日光ハイキング

10月15日は、二人で奥日光にハイキングに行きました。横浜新道、第三京浜、首都高3号線、中央環状線、東北道、日光宇都宮道路と高速を乗り継ぎ、竜頭の滝上の駐車場に止めて、湯の湖まで戦場ヶ原経由で歩いたのでありました。

竜頭の滝は遅かったのか早かったのか??色づきが悪い感じがしましたが・・・。
01

湯川の流れ。
02

紅葉はいまいちですが、やっぱりこういうところは良いです。
03

戦場ヶ原は紅葉は既に終わりかな?あいにく男体山は雲に隠れていました。
04

すばらしい木道が出来ていました。30年前に来たときはこの木道を自転車で行くことが出来たんですが、今は全くだめですね。
06

テクテク。
07

標高が高くなるにつけて少しづつ紅くなってきました。
08

湯滝は水量が多くて豪快。
09

奥さんも盛んにシャッターを切ります。
10

湯滝上部。
11

湯の湖のおしどり??
12

湯の湖はずいぶん紅葉していました。南岸のハイキング道を行きます。
13


14

昼食後、刈込湖・切込湖に行こうと温泉街を行くと、源泉のわき出すところが・・・。強いイオウの刺激臭で、窒息しそうです。
15

刈込湖まで2.2キロの表示であえなくダウン。途中の小峠まで上り、コーヒーを入れて一服し、元来た道を戻りました。
16

湯元のバス停に着くと、臨時のバスが10分後にでるとか。ゆっくり座って竜頭の滝まで戻りましたが、途中から乗り込んでくる人が多くて、乗り切れない事態が出たりで大変でした。

まだ時間も早いので、いろは坂も混んでおらず、「やしおの湯」にゆっくり浸かり、10時過ぎには戻ってきたのでした。二人で行くと行動範囲が半分以下になってしまうのですが、それもいいかな?と思うことにしています。

通行止めの悪夢

全国的にいい天気のはずだったのに・・・。

日光に行こうかどうしようか、迷ったあげく、日光の紅葉は来週が本番だろう、と判断して今日は丹沢山まで自転車と歩きで行こうと決めました。

ヤビツ峠に行く途中の道に停車してMTBで塩水林道を上り、終点から丹沢山に上るという計画でした。

宮が瀬湖畔の大棚沢駐車場。ここは午前8時から午後5時まで使えるのですが、7時前というのにゲートが開いています。これ幸いと駐車し、塩水橋を目指したのでありました。
01

ヤビツへの分岐を過ぎてすぐにこんな看板。
02

ご丁寧に「自転車、歩行者通行も通行できません(通行が二回も出ているじゃん!!)」とあります。塩水橋までいけなくなりました。
どうしよう。
トレッキングシューズを履いているので、矢張り歩きたい。

地図を確認すると、すぐ近くに丹沢三峰経由で丹沢山に行く径があるではありませんか!
MTBを近くの欄干にくくりつけて、上り始めます。
03

台風の風の影響でしょう。登山道は枝や葉が径を敷き詰めるように積もっています。絨毯ですね。
道標では丹沢山まで11キロ。往復すると22キロを超えます。チョビットきついかも知れません。
04

緩やかに上って行きます。トレランの人に抜かれましたが、それ以外は静寂そのもの。熊鈴の音が妙に大きく響きます。
晴れのはずの天気も、雲が厚く垂れ込め、景色は全く見えません。
05


それでもこんな景色も見えました。宮が瀬湖です。葉も少し色づいているのかも。それとも枯れているのかな??
06


4分の3ほど上った頃から急坂になり、突然こんな大木が根本から真っ二つに折れて、登山道をふさいでいます。先日の台風のせいでしょう。
07


08


やっとの事で、丹沢三峰の初っ端である「本間の頭」まで来ました。コースタイムより早い到着でしたが、結構しんどい上りでした。ここから丹沢山まで行って再び戻るのは少ししんどく思い始めてきました。幸か不幸か雨も降り出し、心が少し後ろ向きになりました。

そうと決まれば、ここで食事にして雨の様子を楽しむことにしました。
09

結局、7:30に上り始めて10:50に本間の頭に。13:30には登山口に下山しました。

景色も良くなく、雨の中、雨具を身に付け、外と中からの水攻めに苦労しながら、ただひたすら歩くことになってしまいましたが、台風の爪痕がくっきり残る山の中を歩くことで、やっぱり自然は怖いなぁ、という思いを新たにするのでありました。

さぁ、来週は日光かな??