未だに現役、DAKOTA20

久しぶりのGPSネタであります(MAKOさんに影響されたんですけど・・・)。

2011年2月、あの震災の一ヶ月前に購入したダコタ20。もう三年以上使っているんですねぇ。ツーリングにも必ず同行させていて、今では必需品のようになっています。
でもどのくらい使っているかは、はなはだ心許なくもっといろいろな使い方があるはずなんですが、それについてはカスタムPOI導入と日本語処理が出来る様にしただけ。その他の使い方、例えばカシバードとの連携やログデータの処理等、もっと何か出来そうです。

でもここで問題が・・・。
いつもはMTBにはこんな形で使っています。
01

春に天城峠の下りで、GPSを落とした時には、きちんとセットしていなかったと思っていたんですが、その後も落ちることが多くなって、結局アダプターの固定部が馬鹿になって来ているようなんです。
そこでこんなストラップを付けて落ちないようにしました。
02

となりのキャットアイのアダプターに比べ華奢なんですねぇ。
でもあれだけのツーリングでの激しい振動にさらされても故障もせず使えるのは、やはりガーミン故なのでしょうか。
03

それにしてもこのダコタ20。他の機種が新製品を出しているにもかかわらず、三年前と全く変わらない仕様で販売されているのは驚きなのです。電池の持ちも良いし、画面の小ささは少し不満ですが、それも慣れてしまえば、こんなモンだろうという諦観に達するのでありました。

ダコタ20用の新しいアダプターを手に入れないと、と思う今日この頃なのです。

ガーン!!!

昨日行った房総のGPSデータが保存されていませんでした!!!!!!!

走っている最中も「なんかいつもと表示が違うなぁ、何で軌跡が画面に現れないんだ?」と思っていたんです。
そしたら・・・・・・・、軌跡ログを「記録しない」になっているじゃあありませんか。そんな操作をした覚えもないのに・・・。

昨日は地図にない道を走ったので、ログがないと正確に分からないんですよーーーーー。

悲しい。

続カスタムPOI

あじこぼさんからもリクエストがあったので、カスタムPOIの登録について、もう少し備忘録を書いてみます。

まずPOIデータの集め方ですが、これはいろんなサイトがありますので、そこからダウンロードすればいいと思います。

まずはPOIデータは、POI補完計画で。

自分で作る際には、POI-Generator2なんぞというソフトがあるんですが、ダウンロードして使おうとすると、エラーが出てうまくいきません。他にも公開を止めてしまったものなのもあって、なかなか自分にとって使えるソフトが分かりませんでした。

それについては後日ということで、今回はできあがったPOIデータをGPSにアップロードする方法を・・・。

なんてかっこつけるほどではありません。
下の画面のように「道の駅」というフォルダに地域別にまとめたファイルを登録します。
.bmpデータは地図上のシンボルマークになります。.csvファイルと同じ名前で同じフォルダに登録です。画面では.gpxファイルになっていますが、これはダウンロードしたファイルがこの形式だったもので、この形式でも.csvファイルと同様に読み込めます。
05

これらのファイルの入った「道の駅」フォルダですが、実際には、
***フォルダ>道の駅フォルダ>POIデータ
の形にして、GPSには、「***」フォルダを指定して、アップすれば簡単に以下のような表示になります。
もちろんアップにはPOILoaderを使います。

左側はnuvi250、右側はdakota20です。

02

「道の駅」をクリックすると・・・、
03

「中部」をクリックすると・・・、になっています。
二つの画面の距離表示が違うのは、nuviのほうが衛星を拾わず、まだ千葉の実家を示しているからで、問題はありません。

04

追録:今回作った「道の駅」は、いろんなサイトからダウンロードしたものを一度確認し、新設された「道の駅」もすべて追加してあります。国交省のHPで最新情報を確認して更新した、1番新しい「道の駅」のPOIデータだと思います。

そのほかの地域は使いませんので、この作業はしていませんし、アップもしておりません。
あじこぼさん、もし必要なら私のHPに書いてある連絡先からメールを下さい。添付して送りますよ。そして誤りがあったら、連絡いただければありがたいです。

カスタムPOI

昨年、日本語表示に成功したGarmin Dakota20。

まだ詳細な地図もアップしていないんですが、カシミールのマップカッターという機能を使って、走るコース周辺の地図だけをアップして何の問題も出ていません。

しかし、もう少しいろんな使い方もしたいなぁ、と思いまずカスタムPOIの登録をしようと思いました。

いろんなサイトを何日も繰り返し眺め、コンビニやら、ガソリンスタンドやら道の駅やらのデータを入手しました。CSVデータにしてPOI LoaderというソフトでGPSに取り込みます。

これがダコタ20の画面。
左側がスイッチを入れた際に最初に出てくる画面。ここで「検索」をタッチすると、右の画面になります。

0103

下向きの矢印をタッチすると左の画面。ここには「ガソリンスタンド」という項目があります。もう一度下向きの矢印をタッチすると右画面になります。
0405


さらに下に矢印をタッチすると左の画面になります。ここまで画面が続きます。

右側の画面は一番上の右側の写真にある「その他」をタッチすると出てくる画面です。つまり作成したカスタムPOIデータは「その他」の項目に分類されてしまいます。
0607

でもせっかく「ガソリンスタンド」なんて項目があるので、そこにデータが入るといいですよね。どうすれば出来るんでしょう???分かる人が見ていたら、是非教えてください。



まぁ、「コンビニ」と「ガソリンスタンド」をタッチしたら、きちんとカスタムPOIデータが表示されたんで、いいと言えばいいんですけどね・・・。
実は、この件については、あじこぼさんにも問い合わせてみたんです。その時はどうしたらこのように表示されるのが分からず、あじこぼさんからの返事も、まだ不明だと言うことでした。
試行錯誤の結果、出来ましたよ。
0809

GPS日本語化

やりました!!!GPSの日本語化。

DAKOTA20は英語版なので、日本語が表示できません。でも、いろんなサイトを見るとの日本語化は簡単にできると書いてあります。
ところがそのサイトも、自分だけが分かるような表現の仕方で、他の人が理解するためにはかなり難解なものが多いような気がしました。

要は日本語変換ファイルと日本語フォントファイルを該当するフォルダにコピーすればいいのは分かりました。フォントファイルは簡単にできました。問題は変換ファイル。それ自体もサイトにはあるのですが、その中身を見ると、よく分からない日本語変換も多くて、それならば自分で全部確認してみようと思い、1週間かけて一つずつ日本語をチェックしていきました。基本はいいよネットにあった「OREGON300」のファイルです。またDAKOTAに入っていたドイツ語の変換ファイルと比較しながら、やっていきました。

それでもどうしても意味が分からない単語が何個も出てきて、それらは実際使ったときにおかしいものをピックアップして直していくことにして、作業を進めました。

結果がこれ。
一応、分かる日本語にはなっています。これから詳細まで踏み込んで少しづつ自分なりに改善していこうと思っています。やり方は分かったからね。
0102
03
04