試乗 その1

できました!!!

朝から試運転です。

ボルトナット類の締め忘れをチェックしながら近所を軽くポタリングです。

真横から
01

前から
02

後から
03


ハンドル周り。
ハンドル:ニットーランドナー135
ステム:ダイナミック80ミリ
レバー:ロイヤルグランコンペ
04

フロント周り
ハブ:カンパラージフランジ36H
05

リア周り
RD:サンツアーVX
フリー:サンツアーパーフェクト15-24T
タイヤ:パナレーサーツーリングカスタム650×35A
リム:ウカイ650A、36H
06

ダウンチューブ
シフトレバー:サンツアー
ブレーキ:マファッククリテリウム
07

チェーンホイール周り
FD:サンツアーVX
クランク:プロダイ165ミリ
BB:プロダイ純正
チェーンリング:TAシクロツーリスト46×28T
ペダル:サンツアーシュパーブプロ、トラックタイプ
08


走ってみると、いろいろあります!!
1.空気圧が低いんで(3キロ)、なんかフワフワしています。(どうしようもないんでしょうねぇ)
2.ブレーキレバーのゴムパッドが純正ではないんで、レバーを引くときに当たって抵抗があります。(ゴムの一部をカットすれば解決する)
3.フリーのラチェット音が非常に大きく、ちょっとばかりストレス。(仕様なのか?)
4.ブレーキの鳴きが大きい。それに効かない。(マファク特有のあれです、なんとか小さくならないかなぁ)
5.ガードにガタがあるのか、異音がします。(カシメれば大丈夫?)
6.サドル位置が平行ではありません。(完全にミスです)

ブレーキの鳴きと効き、これが一番大きな問題ですな、きっと。

乗り心地と言えば、今までの自転車と圧倒的に違います。タイヤの空気圧のせいだけなのでしょうか。

もう少し走ってみて、調整していきましょう。
何はともあれ、完成です。


それからそれから・・・、
この自転車で何か気がつきません?
そう、シマノの部品が一つもありません。

あとわずか

ブレーキレバーのセットも完了。

バーテープのニス塗りも五回。

そしてプチプチを外しました!!
02


ステイの二本巻き、ブリッジの菱形補強のほか、エンド部のメッキゴムのチェーンガード等等、ちょっとしたオーダーフレームです。

ガードとフレームの接触部は、通常革パッキンを使う様ですが、今回は蛇口に使う硬質ゴムパッキンです。いつも見ずに浸っている部品ですので、それなりに丈夫かと・・・。
03


そしてこれが全容。

あとはブレーキワイヤーの調整だけです。
01

佳境に・・・

さてさて、いよいよ佳境に入ってきましたゾヨ!!

前ガードが付き、キャリアも・・・。
キャリアのサビはずいぶん頑張りましたが、全部落とすのは出来ませんでしたので、サボ止めのコーティングを施しました。

またサドルはセラサンマルコのロールス。本当はブルックスで行きたい所なんですが、手持ちが茶なのよねぇ・・・。
01


あとはブレーキの調整ですが、クリテの効き具合はどうでしょね???


バイテープは昔ながらのコットン製、それも黒。
全体を黒と赤でまとめようと・・・。
02



バーテープの端の処理はおなじみのヘンプ巻き。
この糸を赤く塗ってから、ニス仕上げしようと思っとります。

結局ギドネットは止めにしました。ダイアコンペのレバーが妙に安っぽく見えてしまって・・・。
正統派のフーデッドで行きます。
それもロイヤルグランコンペの黒仕上げ。金文字がきれいです。

03

ガードが付くと・・・

チェーンを付けて、ガードも取り付けました。

やっぱりガードを付けると引き締まります。

ただこのガード、古いんで至る所にへこみや傷があります。
将来は交換が必要かもしれませんね。
01


ワイヤーの末端はちょっと気を使って赤のキャップを・・・。
02

あとは前のガードとブレーキ周りです。
ギドネットかフーデッドかどっちにしようかなぁ。

ホイール

リムはウカイ650A、タイヤはパナのツーリングカスタム35A。ダート用なので、アメサイドです。
01

ハブはカンパのラージフランジ36H。今じゃもう見ることは少ないかもしれませんねぇ。
02


それにしてもこのタイヤの適正空気圧、3キロだって。ずいぶん少ない印象なんですが・・・。
03


レバーも付きました。もちろんサンツアーです。
04


タイヤが付いてずいぶんカッコがついてきました。あとは泥よけとハンドル回り、そして・・・。
05

今月中には何とかなるかな???