相変わらずのヤビツ

11日早朝、前日から準備をし玄関前に置いておいたMTB。ザックを背負ってカギを閉め、さぁ駅に、と勇んでMTBに跨がると、なんと前輪がパンク!始発電車に間に合わず今日のコースはおじゃんとなってしまったのです。

一度寝床に潜り込みましたが、思い返してヤジロベー号に乗り換えて、いつものヤビツ峠に目的地を変更したのでした。
個人的に246号を走ることは避けたいし、名古木から蓑毛までのあの坂はどうも好きになれない。そんな事もあって、表ヤビツから上るときは、いつも浅間山林道経由で蓑毛に出ることにしています。

浅間山林道。
01


勾配も手頃な浅間山林道はとても好きな道です。
伐採された杉が路肩に山のように積まれ、出荷を待っているのでした。上って下ってまたちょっと上って豪快に蓑毛に下る、勝手知ったる林道なんです。

蓑毛。
02


峠目指してウンウン言っていると、秦野から一杯の登山者を乗せたヤビツ峠行きの始発の神奈中バスが、喘ぎながら大きなカーブを曲がっていきました。

菜の花台。
03


菜の花台からは中腹に表丹沢林道が見えて、その先に峠の鞍部があるのです。誰もいません。さすが平日。


そしてヤビツ峠。
04

バスを降りた登山者が数人、まだウロウロしていました。
おにぎりを一個ほおばり、長い裏ヤビツの下りを堪能するのでした。
上りも下りも裏の方が好きです。

あっという間に宮が瀬湖。
水位がずいぶん下がっていて、昔の峠道が現れていました。この道を何度上ったことだろう。

05

06


湖畔の大棚沢広場駐車場に入って、初めて散策。
この丸い柵を作ったのは、この木がもっと小さい時だったのでしょうね。今では枠が木を締め付けているようです。
07

地面も盛り上がっています。
植物ってすごいなぁ。
08

その後、帰りがけの駄賃ということで、法論堂林道、半原越をやったのですが、思った以上に手こずってしいました。やはり少し力が落ちてきていることは素直に認めなければ行けないようです。


後はビューンと自宅に戻るだけ。2時半には帰り着きました。日焼け止めを付け忘れ、腕が真っ赤です。

久しぶりにまともに走ることが出来ました。だいぶなまってはいましたが、何とかなった自分をほめたい。と言うことで今回のコースです。

箱根を歩く

自転車でどこかに行こうと思っていたんですが、天候のこともあって、今日は家内と二人で山歩きに急遽変更しました。

国道一号、函嶺洞門近くの無料駐車場に車を止めて、湯本まで歩いて戻り、そこからバスで畑宿まで。畑宿の手前の発電所前から須雲川自然探勝路いわゆる石畳を歩いて、畑宿に行きます。そこから飛竜の滝を経由して鷹巣山、湯坂道を下るという計画。
6年前に自転車で同じコースをやったので、そんな苦労はしないだろうと思っていました・・・。

01
石畳に突入。思いの外滑ります。

02
「こんなところ、本当に自転車で来たの?」と聞かれるのですが、そのくらい結構大変な道でした。侮っていたのです。
飛竜の滝は以前見たときよりもずっと水量が少なく感じられました。そのせいか迫力に欠けるというか、なんとなく物足りない気持ちになったのでした。

03
倒木が道をふさぎます。


04
杉林を一心不乱で上っていきます。結構お疲れの様子。

05
鷹巣山を過ぎて浅間山に出る頃には相当足に来ていて、中々前に進みません。
これはカラ元気。


06
予想以上に下りに時間がかかりましたが、無事歩ききりました。2時半。以前はここから自宅まで自走したのですからねぇ。

「これは上級コースだ」と言う奥様には、もう少し体力を付けていただいて、秋には丹沢に行こうと思っているのです。

富士林道

梅雨も明けて、一層暑さが身に沁みてきました。
しかし今日は予報は曇り。所々で雨が降るかも・・・、と言った天気のようです。
自転車で走るにはカンカン照りよりも却っていいかもしれません。でもやはり夏。このところの夏の猛暑を見れば無理は出来ません。やはり標高の高いところがいいでしょう。

結構前から思っていても中々足が向かなかったところ。富士の麓に行きましょう。

地図を見ると、スバルラインの西側に結構高いところまで延びている道が記載されています。これが富士林道。1900メートルほどまで上っていく道なのです。

8時半に富士のレーダードームを保存してある道の駅「富士吉田」を出発します。でも予想に反してカンカン照り。トイレに行くために車から降りただけで、目がくらみそうな暑さ。

どうなることか、先が思いやられます。ここは天然の富士の湧水が出るので、冷えたそれをボトルに詰めて、裏手の道から出発すると・・・。
なんとめちゃくちゃ涼しい。
両側から木が生い茂り、その陰で太陽が全く当たりません。そのせいか走り始めるとすぐに涼やかな風に身体が包まれたのです。ここはまだ標高900メートル。それなのに・・・。
さすがは富士です。

規制が敷かれているスバルラインの道を横断し、墓苑の中を進むと、船津林道の入り口。

恐れていた暑さとは縁遠い道を淡々と上っていきますが、この船津林道、墓苑の中を通るのですが、それが過ぎて「船津林道」の標柱が出ると途端に急坂が現れます。

ウンウン上っていくと富士林道に突き当たりました。
標高線を斜めに突っ切る形の林道は、緩やかですが確実にその高さを増してきます。時々伐採され見晴らしの良くなった処に出たり、伐採された杉の木がきちんと段状に重なって出荷を待っている処に出たり、でもほぼ陽は遮られているのです。

01

02


太陽はいつの間にか雲に隠れ、霧が周囲を包んできました。
一層涼しさが増してきます。上りだというのに一枚羽織りたいほどです。
この林道見るべきものはほとんどありません。視界は効かないし、見るべきものもない。人も車も皆無。ただ鳥の声と風が木々を渡る音、そして私の息づかいのみです。
03

1700メートル付近まで上ってきました。雲がパッと切れて、突然に富士が姿を現します。
04

05

そして少し明るくなったと思う頃、富士林道の終点に到着。
右が富士林道、左が軽水林道です。軽水林道は昭和32年竣工とありますので、かなリ古い林道です。そういえば、昭和47年編集の五万図にもこの道の記載がありますから、かなリ古い道なのでしょう。
06

すばらしいダウンヒルでした。
軽水林道は大きなカーブもなく、すばらしい下りの一時を堪能しました。一気に下って鳴沢林道に入ると急に暑さがぶり返したようでした。
07

突然にふじてんリゾートというリゾート地の入り口に飛び出しました。

あとは国道に出て、ついでに河口湖に寄って、今が夏であることを思い出すように直射日光が照りつける道を車をデポしたところまで戻るのでありました。
08

09


帰りは道志から宮が瀬湖を経由ました。宮が瀬湖の水位が非常に低くなっていました。、水不足にならなければいいけど・・・。
170724011.jpg

小百合効果?

17日、関わっている障害者親の会の夏のイベントのための下見に北八つに行きました。
ついでに白駒の池にも寄り道。

JRのCMで吉永小百合さんがでているあの池です。朝5時過ぎにでて現地に着いたのが8時過ぎだったにもかかわらず、予定指定たっむりょうの駐車場は既に満車。有料駐車場も後数台で満車とか。小百合効果絶大です。
でも車から降りてくる人を見ると、完全に山のカッコをしている人もいれば、サンダル履きのような軽装の人もいました。

山だからそれなりに危険なんだけどなぁ、と思うのでありました。
01

02


白駒の池に来るのは42年振り。学生時代、サイクリングの合宿で松原湖から地道を延々と上ってきてようやくここまでたどりついたのでした。当時のことはほとんど覚えていませんが、今日ほど人はいなかったのは確かです。
03


イボイボ・・・?
04

05

周囲は様々な苔が密集していて、目を近くにやると、ミクロの世界が広がっているのでした。
06

07

08

09

10


2時間ほどゆっくり池を巡って、下見の地、八ヶ岳自然文化園に車を走らせるのでした。

快調なペースで・・・

毎朝、精力的に走っています。
一時の腰の違和感も解消され、また入浴法を少し変えたら、夜中に起きることがほとんど無くなりました。

いつものコースを走ると、大体50分を少し超えるくらいだったペースが、この2・3日、40分台でクリアしています。


境川CRもまさに真夏。少し停まると汗が噴き出てきます。
01

それにしてもいい天気が続いていますねぇ。
02

稲も大分伸びてきましたねぇ。
カルガモの子ども達も見えなくなってきてしまいました。大きくなったら自分の処で食べるのかな?と思っていたら、どこかに売ってしまうそうで・・・。
03


新しい靴を買いました。
シマノのSH-CT80というヤツ。本革製でまぁまぁの見栄え。11000円という価格にも納得でした。
歩いてもクリートが路面に当たらないので、カチカチ音が無く、それだけで変なストレスが無くなります。甲高なのですが、それに充分対応しているようで、今までに購入した中で、一番しっくりいっている気がしています。
04

今度の連休は、さて???