足柄峠と金時山

久しぶりのツーリング。今回も山登りとセットで行きました。

いつもの山北の道の駅に車を止めて、MTBで出撃です。
ほんの少し国道246号を走ります。駿河小山への道に入ってすぐに足柄峠へ続く滝沢林道の分岐に来ました。

初っ端から強烈な坂。思わず押してしまいます。
01

県道に合流すると、すぐに富士が迎えてくれました。少し霞んでいますが、やっぱりいいですねぇ。
02

誓いの丘。
一組のアベックがセルフタイマーで一生懸命、二人の写真を撮っていました。撮ってあげましょうか?と言おうと思ったんですけど・・・。
03

こんな鍵を付けるんです。
04

金時山が遠望できます。あそこまで行くんです。
05

足柄峠から金時山へ続く道も林道になっており、車も入れます。ゲートまで進んで自転車をデポ。
06

広くていい径が続くのですが・・・。
07

途中から急な階段が連続し、勾配も急になって来ました。3歳の子どもさんを連れた家族を追い越しましたが、あの家族は途中で引き返すだろうな。と思っていたんです・・・。


そして頂上。金時娘さんも小屋の奥の薄暗い処にいらっしゃいました。
08

09

昼も済ませ、そろそろ下ろうと思っていたところ、件の家族が上ってきたではありませんか。3歳で上ったんだ。自分の孫ももうすぐ3歳。ようし山に連れて行こう。と思うのでありました。


再び、自転車に・・・。
金時林道。以前走ったところとは違うような感じでした。
10

そして足柄駅前にある金太郎像。
11

距離は短かったのですが、充実したお彼岸を過ごすことが出来ました。
ちなみにコースです。

久しぶりにカメラを持って・・・

2月は雪山で遊んでしまって、1回もツーリングに出ませんでした。
3月もいろいろ忙しくって、既に半ばになろうとしているのにどこにも行っていません。体たらく、です!

それでも朝の走りだけは続けていて、今日は久しぶりにカメラを持って走りました。

走っているシルエットって好きなんです。
01

境川サイクリングロードにある鷺舞橋。鷺が羽ばたいているイメージでしょうか。
今日は誰も休んでいませんでした。
02

1月にインフルエンザをやって以来、調子が出ない日々が続いていましたが、最近は結構走れていて、18キロくらいのコースですが、割とがんばって走っていられるのです。ダンシングもずいぶん長い時間できるようになって、今度Kさんと走るときには、もう少し様になっていると思える自分がいるのでした。

お彼岸は走るぞ!!!

初体験:スノートレッキング

友人のHさんからお誘いを受け、車山・横岳方面にスノートレッキングに行ってきました。

すばらしかったぁ!!!

雪山に行く人の気持ちが分かるような気がしました。

スノーシューをレンタルし、かみさんと二人あずさに乗り込むのでした。

車山肩から八島湿原を望む。アルプスの山々がくっきり見えます。
01

鎌が池で昼食。今回のトレッキングは全てHさんにおんぶにだっこ。コースもはっきりと分からない状態なのでありました。事前に寒さについては脅かされていたので、アンダーウェアに信じられないような金額のものを調達しました。おかげで寒さはほとんど感じませんでした。
02

八島湿原を一周です。
03

車山のレーダードームも見えますね。
04

ご一緒したHさん。
05

湿原を一周し、車山に上りますがかみさんはかなりお疲れ気味。
06

御嶽山の横に沈みつつある太陽。雪原を強風が吹き雪を運んでいきます。
07

車のデポ地に戻り、無事今日の予定は終了です。


翌日は悪天候で動けず、3日目です。

横岳のロープ−ウェーで標高2,200メートルまで上り、そこから北横岳をやることになりました。標高は2,480メートルくらいあるようです。

ここは冬山登山の入門コースらしく、自分にとってはうってつけの処かも・・・。
山頂駅でHさんと自分。
09

08

今まで写真でしか見たことがなかった景色が連続します。
10

11

これははまります!!!
12

13

14


北横岳山頂。
風がとっても強く、飛ばされそうです。
15

蓼科山も八ヶ岳もほぼ同じ高さに見えます。
16

17

本当に楽しかった。十分な装備と天候を注意すれば、自分でも出来そうな気になっても来たんです。来年も誰かに連れて行ってもらって、雪を遊べればなぁ。

房総の林道(2017)

一年振りの房総。

いつもの道の駅「きみつ」に車を泊めます。午後からは父親の処に陣中見舞いに行くので、午前中だけのサイクリングなのです。

いつもと違ったところをやりたい。そう思って地図を眺めていると、亀山湖の北にある坂畑から横尾に単線の道がありました。また大福山林道から養老渓谷に下る道の途中からも上総大久保に抜ける単線の道が・・・。
ここをやりましょう。時間的にもいいのでは?といった判断なのです。

予報では快晴のはずが、どんよりとした曇り空。とっても寒く感じます。
亀山湖の湖畔を過ぎて、坂畑から北上すると、こんな道が続きます。
01

真っ暗なトンネルの先からダートに・・・。
02


ロードでビューッと走るサイクリングとは全く違った趣。
03

そのうち、地図で点線に道になると途端にシングルトラックに。楽しかったぁ。
次回はMTBを持ってこよう。
04

やせ尾根のひやひや道。
05

急に産廃の処理場が現れました。大福山の周辺には昔から産廃処分場があり、ダンプの往来が激しいところでしたが、林道から処分場は見えなかったと記憶していました。処が今回は林道に沿ったところまで処分場が大きくなって、とってもイヤな臭いまでするようになっていました。
06

大福山林道に出て、養老渓谷への道に入ると急に静かに。だーれもいません。もちろん処分場以外では人っ子一人いませんでしたが・・・。

ここは沿道にある白鳥神社。
08

下って行くと、上総大久保方面への分岐が現れます。牛堀林道。地図ではシングル表記。よさげです。
09

よかったぁ。
MTBが活躍するような道もいいけれど、こういった道はやはりランドナー的ではありますな。
10

無人の上総大久保駅。列車にはお目にかかれませんでした。
12


11

二連のトンネル。近くに弘文洞跡もあります。
13

そして私にとっておなじみの筒森に抜ける夕木川沿いの道。
14

筒森からは普通の道を淡々と亀山湖に向かいます。
亀山湖湖畔で昼食。日も出て、とても暖かいところでお湯を沸かすのでした。
15

16

1時半には車に戻り、3時前には親父の処に着くことが出来たのでありました。

ちなみにコースです。

凍結!ヤビツ峠

久しぶりでした。こんなに距離を走ったのは・・・。

どこに行こうか?と考えるのですが、自走で行けるところは中々思いつきません。
まぁ、そういうときはヤビツになるんです。

小田急線の高架から富士が見えました。家から厚木方面に向かうと、眼前に富士がドンと・・・。
01

宮が瀬湖は9度。
土山峠への上りは堪えました。鈍っているんです!!
02

分岐ではこんなお知らせがありました。
うーん、自転車だもの、やるっきゃないでしょ。
03

ところが、一昨日降った雨、この辺りでは当然のごとく雪だったんでしょう。札掛を過ぎると、道ばたに雪が積もっています。多分除雪したのでしょう。ただ、そのお陰で溶けた雪が再び凍ってしまったのでしょう。
強く踏むと後輪が空転してしまうことが多くなりました。
もし峠を越えられないと、この道を下るしかないと思うと、ちょっとした恐怖を感じます。
04

除雪中の皆さん。
05

峠付近はそんなに凍ってはいませんでした。
ここでお昼。
06

結構疲れました。
名古木から246号を外れ、旧善波隧道を行きます。トンネルの向こうはラブホテルだらけなんですが・・・。


07

そして矢倉沢往還。
246号を通るときは必ずここに行くことにしています。短いですが、いいんですねぇ。
08


午後3時半には帰り着きました。
かなリ疲れました。からだがなまっているんです!!
距離100キロ弱、獲得標高1000メートル。これで顎を出していてはダメです。
もう少し走りましょう。