FC2ブログ

ブログを一本化します

今までこのブログを見ていただいたごく少数の方にお知らせです。

今般、私のお遊びのブログであったこの「自転車のある生活」を、仕事のブログである「Yajirobeのつぶやき」に統合することにいたしました。

従いまして、平成31年2月からは、「Yajirobeのつぶやき」をご覧頂きたくご連絡差し上げる次第です。


仕事のブログには私が30年以上、身体の調整を仕事としているため、身体の違和感に対する対処法もわずかですが掲載しており、自転車に乗る方にも参考になることもあるかも知れません。

暇がありましたら、お立ち寄り下さい。

明星が岳・明神が岳

28日はまた山歩きであります。昨年末に新しい登山靴を買ったので、そのお披露目でもありました。

箱根湯本に7時前に到着。薄暗く人はとっても少ない街です。さすがにこの時間ではね。
河童天国の横の道を過ぎ、明星が岳へ続くハイキングコースに入っていきます。


途中にある阿弥陀寺。
01

細い竹が密集している中に道が出来ています。今日は風が強くザーザーと鋭い音と共に歩いて行きます。
03

新しい靴は快調。全く痛みが出ません。このままいきますように。
塔の峰に到着。ここで標高500メートル超えです。ザックも新調しました。コロンビアの30リットル。カリマーやグレゴリーといった一流どころを入手しようと思っていたのですが、矢張り値段も重要なのです。カリマーのリッジ30はとてもよさげだったのですが、重量が1.3キロ、セールで13000円強。コロンビアは1.0キロ、楽天ポイントを少しつかって6000円。
でもこれは正解でした。なかなかいいです。
02

いったん足柄幹線林道に出て再び山径に入り、明星が岳まで一気に上って行きます。ストック捌きも快調。

そして明星が岳。りっぱな碑が建っていました。
04

明神が岳への稜線歩きでやっと富士が姿を現しました。雪が少ないかな?
06

相変わらず快適な径が続きます。
05

11時過ぎには明神が岳に到着しました。お昼をここで、と思っていたのですが、あまりの風の強さに立っていられません。仕方なく写真を数枚撮っただけで退散しました。
07

結局みちには全く雪が無く、軽アイゼンとチェーンスパイクを持って行ったのは、過剰装備になってしまいました。ザックがでかくなるとつい物が増えます。

湘南の海も見えました。
08

大雄山の最乗寺まで下ります。ぬかるみのとっても多い新調した靴にはあいにくの径ではありましたが、これも難なくこなし、危惧していた靴の不具合は感じませんでした。これは何よりのことでした。
09

所要時間(休憩入れて)7時間、獲得標高1200メートル、歩行距離16キロ、まぁまぁの結果でしょうか?
10


これが新しい登山靴、キャラバンのグランドキング。いまでは珍しいオールレザーの登山靴です。これで700グラム。予想以上に軽いのです。まぁ、革が薄くなっているのでしょうね、きっと。
01

30日はこの靴のお手入れをして新品に近づけました。

今年は走れるの???

01

今年になって最初の更新です。なんと一ヶ月ほったらかしでした。

4日に急に発熱、5日からの仕事始めに支障が出て、結局7日まで調子が悪い状態が続きました。もちろん自転車で走ることも出来ない、悶々とした新年を迎えたのでした。

更に最近は歩くことに興味が移ってきて、朝も散歩することが増えてきてしまいました。新しい登山靴の履き試しも兼ねて毎日歩いていたのでした。

そして始めて自転車に乗ったのが19日。それから2時間後にギックリ腰が興り、またまた朝のお勤めが出来なくなってしまったのです。今年に入って走った距離はなんと20キロ。

情けない1月なのでありました。



陣馬山〜高尾山

16日も山歩きです。

陣馬山から高尾山へ尾根伝いにあるく定番コースです。終わってみれば17㎞、37000歩、歩きました。心地良い疲労感で翌日以降の筋肉痛もありませんでした。

最近、自転車を運ぶのが億劫で身一つで出かけるのが楽な気分になってしまっています。

高尾駅でバスの出る時間まで30分以上。この時間が本当に寒かった。列をなしている人たちも、みんな「寒い、寒い」を連発しておりました。

陣馬高原下から陣馬山までは一時間ちょっと。標高差500メートルのアルバイトで、絶景に出会います。天気は下り坂ですが、ココではまだ富士が顔を出していました。
01

霜柱が溶けて、径はグショグショです。
02

03

04


尾根伝いに明王峠、影信山、小仏峠、小仏城山、高尾山とおなじみのコースですね。

影信山で早めのお昼を摂っていると、急に雨が・・・。レインウェアを取り出し、ザックカバーをセットしてお湯が沸くのを待つのでした。
05

06

07

食事が終わる頃には雨も上がり、小仏峠から城山へと上ったり下ったり。
08

高尾山に到着です。急に人が増えました。
09

富士はすっかり隠れてしまっています。結局朝だけでしたね、富士が見えたのは。
10


その後、稲荷山コースを下って高尾山口。2時半には電車の人となりました。
山歩きもいいですねぇ。
先日は新しい山靴を買ってしまいました。革だから大切にしないとね。

大山へ

義父の葬儀も済んで、少し落ち着いてきた久しぶりの月曜日。予報はあまり良くなかったのですが、雨具の具合も診てみたくて出かけました。場所は大山。

始発の地下鉄に乗って、大山ケーブルに着いたのは7時ちょっと過ぎ。ケーブルはまだ動いていないので、女坂を歩いて大山寺に行きましょう。紅葉はどうかな?


なかなかいいじゃないですかぁ。昨日まで紅葉祭りがあったらしいのですが、今年は少し遅いのかも・・・。
01

02

03


そして下社に到着。まだ7時台です。
04

牡丹岩???(と案内が出ていました)
05

ヤビツ峠からのイタツミ尾根と合流する頃になると、富士が見えてきますが、今日は残念でした。
06

お決まりの一枚。大山山頂、9時半頃につきました。
07

不動尻に下山します。不動尻は昔は県立のキャンプ場があったのですが、いまでは寂れてしまっています。
08

三峰山??ココも岩場で楽しい。
09

不動尻から谷太郎沢に入ります。ココも楽しい。
10

11

煤ヶ谷に下りたのは、1時過ぎ。2時過ぎに出るバスに乗って明るいうちに家に着きました。

汗びっしょりかきましたが、危ないところもなく、気分の良い時間でした。更に雨も適当に降ってきて、レインウェアやザックカバーを確認することが出来ました。まだ使えそうです。

でも新しい登山靴とザックが欲しいのでありました。