山歩き

18日は、久しぶりに大山に上りました。

雪はどうかな?と気にしていたんですが、下りの一カ所で軽アイゼンを使うのみでした。

このところ自転車に乗る機会が激減しています。1月の末に体調を崩し、その後10日ほど調子が上がらない日々が続きました。仕事は普通に出来るのですが、なんとなく身体が重くだるい。
更にこのところの低温で、朝走る気が失せてしまっているのでした。


蓑毛から山頂へ、、そして日向薬師まで。8時前に歩き出して、1時過ぎには終わりました。でも久しぶりの山歩きだったので、最後の下りは結構足に来て、バス停まではよたよたになってしまいました。

01


富士も綺麗でした。
02

ここだけアイゼンを使いました。
03

見晴台。
04

来週はスノートレッキングの予定。晴れるといいなぁ。

自転車は3月におあずけになりそうです。

丘陵巡り(リハビリサイクリングその2)

腰の状態はかなリ良くなりました。というか日常生活には問題ありません。ただ「腰の存在感」はまだあって、それがすっきりしない大きな要因なのです。

もう一回リハビリがてらのツーリングです。距離100キロ弱、獲得標高約1000メートル。自分としては妥当な選択でしょう、ウン!!


場所はR246とR1の間。渋沢丘陵と曽我丘陵を巡る里山をたどります。

明日は雪とのことで、日曜日に走ります。第3日曜を休みにしたのは昨年から・・・。
休日の幹線道路ってこんなに空いているのね??と思いながら、R246を厚木目指して走り始めたのは、7時半を過ぎていました。

秦野に行くには善波峠を越えますが、この時はいつも矢倉沢往還と旧善波峠を使います。
頂上付近にはラブホテルが林立していますが、かなリのホテルが閉館しています。旧道のトンネルを抜けるとでっかい富士が遠望できるのですが、今日は雲が多く何も見えません。

矢倉沢往還。
01


名古木から南下。小田急の高架を越えて、トンネル手前を右に。左手に渋沢丘陵が見えてきます。
震生湖に上ると秦野の街が綺麗です。

秦野の街と丹沢山塊。
02


そして震生湖。
関東大震災時に出来た一番新しい自然湖です。
03

メインの渋沢丘陵に入りました。里山の径が続きます。気持ちいいですねぇ。ハイカーがいると思ったのですがほとんどいません。
04


八国見山や頭高山など楽しいところが多いのですが、数年前からこの辺りで大規模な造成工事が行われていて、道が寸断されています。お墓の造成ですが、こんな処にこれほどの墓を作ることがあるのでしょうか。今までのようなお墓の考え方はもう成り立たないと思っているんですがどうでしょう。

通行止めの看板。この赤くなっている道が良かったんですけどねぇ。もうあの雰囲気はなくなってしまうのでしょう。
05


案の定、こんなコンクリートが・・・。
06


ここは写真の右上の道路に爪楊枝が刺さっているように見えるところです。
07

仕方がないので、中井PA方面に下ることにしました。


そして東名を横切って、「いこいの村あしがら」を目指して再び上って行きます。この辺りで腰に若干の違和感が出てきました。というか足の疲労を感じるようになって来たのです。

いこいの村の近くにちょっとした展望台があって、そこでお昼にします。大山や二の塔・三の塔がやっとこさ見えます。


ここからの径も好きです。浅間山、不動山と尾根伝いに進んでいきます。

こんな径が結構あるんです。
08


曽我梅林まで来ました。まだ梅はつぼみですが、咲いているのもチラホラと・・・。
09


10


11


六本松跡。この辺りのハブ的なところ。いくつもの道が交差しています。
12

国府津曽我丘陵ハイキングコースが好きで、ここに来るといつもここを走ります。

相も変わらぬアングルでありますな。
13

ミカン百円。買いましたよ。
14


国府津までもうすぐ。
15

JRの下をくぐってR1に出ました。後はこの道を一目散に横浜を目指します。

相模川はジェットボートでスラロームしている場所があったり、水鳥たちが羽を休めているところがあったり、欄干から少しの時間眺めているのでした。
16

しかし今回は疲れました。ロードの人たちにはバンバン抜かれるし、尻も痛いし、最後は結構よれよれで家にたどり着いた次第です。

ちなみにコースです。

リハビリサイクリング

平成30年最初の記事になります。

皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。


さてさて・・・、

腰はまだ変ですが、いつまでもグズグズしているわけにはいきません。
休日最終日の今日、身体のチェックに軽いポタをしました。場所は町田の「戦車道」。尾根緑道とも言って、距離的にもいいんじゃないかと・・・。

境川CRを北上。天気はドン曇り、さらに向かい風の中、ゆっくりと戦車道を目指します。

なんとなく腰が重い、痛い、硬い、苦しい。時々つんっと痛みが走る。

それでも20キロ未満というゆっくりペースで進んでいくと、違和感も少しづつ気にならなくなってきて、桜美林大学まで来るとほぼいつもの状態になった気がしました。大学の少し先から戦車道は始まります。

人も少なく、ゆっくりモードで進むには最高です。

落ち葉の降り積もった休憩場所で持参のカップ麺に湯を入れてささやかな昼食。




10時半に家を出て、3時には帰り着いていました。
腰の違和感はありますが、そこそこ走りきることが出来てほっとしています。

来週の連休はどうなるかな?????

走れなかった12月

凍結路面で転倒以来、どうも調子が良くありません。

この3週間、腰が重くて背筋を伸ばすと、ギシギシいう感じがずっと続いています。痛くて動けないことはなく、はたから見れば普通に動いていると見えるかも知れませんが、結構辛いもんなんです。

壁紙の張り替えや畳表の裏返しなど、休みのたんびに用事が重なったせいもあって、結局12月は一回も走りに行けませんでした。朝の走りも、腰の違和感が朝に一番きついこともあり、散歩に切り替えたりして、今年の走行距離は3,000キロに行きませんでした。情けないことであります。

30日は例年大掃除をしているんですが、今年は4時近くになって、腰が非常に辛くなってしまい、仕事場の掃除が明日に持ち越しになってしまいました。年のせいと思ったことはありませんでしたが、今日は「年かなぁ?」とちょっぴり思ったりして・・・・。ほろ苦い年末なのです。

自転車については来年は、是非秋山郷に行こうと思っています。民宿をやっている方と知り合いになりまして・・・。出来れば志賀高原とくっつけて、2泊3日くらいの私にとっては長期のツーリングが出来れば、なんて妄想しているのです。


そしてHさんと計画している南アルプス周辺のつーりんぐもぜひじつげんしたいと、これも妄想しているのでありました。

このブログを見ていただいている皆さん、例年も懲りずに見てやって下さいね。

それでは良いお年を。

凍結

未明までの雨のせいで朝の路面は濡れていました。いや、一部では白く凍結している部分がありました。本当に注意してゆっくりと走り出します。

何事もなくコースの半分くらいの場所を進んでいるとき、若干の右カーブで一瞬注意が飛んだのでしょう。スッテンと転んでしまいました。幸い道は空いていて、後続の車は大分手前にいて、事なきを得たのでした。

被害は右膝の擦り傷で済みましたが、改めて慎重さを心がけなければ、と思ったのでありました。